フェルプス君

 ミッション インポッシブルなの?スパイ大作戦じゃないの?おはよう、フェルプス君て言わないの?あら、そう、イーサンなの、イーサンねえって、スパイ大作戦が映画化される時に思った人、挙手願います。手が挙がらない?じゃあ、平野ノラはホントのバブル世代じゃないと思う人挙手願います。手上がんない、でも、そっちの理由じゃなくて、もう、肩から上、手上がんないから。こっちの理由だから。でもそういう肩の時は、無理矢理挙げて行った方がいいらしいっすよ。昔、タモリさんが言ってました。

 トム クルーズ!彼ももう55歳なの?でもまたミッションインポッシブルらしいじゃない。骨折とかしたらしいじゃない。

 7撮る時は、タッキー出してくんないかな。日本人のスパイとして、入れてくんないかな。英語ちょっと苦手だけども、ジャニーさんから英語習得指令出てるし、やれば出来る子だから。でもなるべくセリフ少なくして。

 その代わりアクションなら、トムの代わりにバンバンやるから。忍者的な動きだって出来るよ。今の日本人刀持ってないけども、持ち歩いてたら銃刀法違反になるけども「伊賀流忍術博物館」とか「日光江戸村」とかにしか忍者もいないけども、日本には、未だに忍者います、影の軍団存在してることにします。そんでもって日本人未だに刀持ってる認識でいいから。スーツに刀持たせてもいいから。タッキー、殺陣だってワイヤーアクションだって出来るし、顔も性格も一流だから。ハリウッド行っても遜色ないから。

 どんな過酷な撮影だって文句言わないよ。あまりにストイックなんでアメイジング‼︎ってなるかもだけど。すぐ訴えたりしないしね、アメリカ人からしたら驚異だよね、だって訴えないんだよ。黙って耐え忍んでるんだよ。理解不能だと思う。私のアメリカ人認識間違ってる?

 マグマにだって近づけるし、むしろ、自ら近づいて行くけどな。「タッキー、彼は、まるで修行僧のようだったよ。クレイジーだよ、クレイジージャーニーなジャニーズだよ」ってスタッフも言うと思う。「ミッションインポッシブルよりロードオブザリングに出るべきだったんじゃないのかいハーッハッハッー」って感じなアメリカンなジョークだって受け流すぜ。

なんなら日本舞台にしてもいいよ。ウォ、未だに日本は、そんな認識ですかい?って感じの描かれ方でも文句言わないからさ。そんな名前、日本でもあんま聞かないぜって名前つけられても黙ってるから。映画館でも突っ込み入れずに我慢するから。DVDになった時かテレビで放送するまで我慢する。絶対、訴えない、誓います。

 だからタッキーの出演よろしくお願いします。映画完成の暁には、監督に「タッキー、彼は、真の忍者だよ!」とか、絶賛コメントとか言われちゃうと思う。トムクルーズにだって「タッキーこそ、ラストサムライさ!」とか言われると思う。世界中の女子にタッキー、タッキー言われようぜ。「ワオ、あれで35歳なの?信じられないわ!」とか言われようぜ。そんで「日本人て歳取らないのね」とか言われようぜ。日本人でも稀だけどな、あんな35歳。

 でも、すぐに日本に返してくれよな。彼も歌舞伎とか火山探検とかジャニーさん誕生会の仕切りとか、今井翼のお尻とかで忙しいからさ。