MAX!

 拝啓、今井翼様。釣りは始められましたでしょうか。TOKIO兄さん達が、また幻の魚を釣り揚げましたね。 私が、深海魚なら、翼君かTOKIO兄さん達に釣られたいと思っております。私は今、深海から釣り揚げられた魚のように口をパクパクとさせて必死に呼吸しながら滝沢さんのドラマを見ています。
 柳瀬さんが、何も見ずにスラスラと「拝啓」と書いたことに動揺しております。もしも、私に何も見ずに「拝啓」と書く仕事が来たらどうしよう、きっと書けやしないんだわ。横棒とか一本位少なく書いてしまいそうと、ありもしない仕事の依頼に怯えています。
 そして私は、今、行き詰まっています。しかし、それは「拝啓」が何も見ずに書ける自信がないからではありません。ドラマの展開に息詰まって、行き詰まっています、そして、鼻も詰まっています、だから余計に息が詰まっているのか、詰まりMAX!な感じです。インドの満員電車位には詰まっていると思われます。詰まり過ぎて呼吸困難です。多分、たきざーさんも詰まりMAX!だと思います。X!(エックス、両手でバツを作ってジャンプまでセットでお願いします)ではありません、確かにたきざーさん宅の玄関は、X!だらけらしいですが、今回は、MAX!です。元スーパーモンキーズのMAXでもありません、詰まりがMAX!です。祐介さん、かなり行き詰まっているし煮詰まっていると思われます。人間メリーゴーランドをしに来てあげて下さい。グルグル回して遠心力で詰まりを取り除いてあげていただきたい。
 柳瀬が、再審請求をしないと言い出しました。再審請求をしないと決めた柳瀬の表情が菩薩のようで、もう何もかも全ての罪を己が一身に受けてあの世に持って行こうとしてるんだなと言う素晴らしい表情でした。あんな表情をした人間の決意を覆すのは、並大抵のことじゃなさそうです。全ての鍵は、「愛」だと思われます。最後に愛は勝つ(翼君のラジオでかけてましたね)なんじゃないでしょうか。祐介さんが、たまたま乗ったタクシーのラジオのDJが今井さんで、「それでは聞いていただきましょう、KANで「愛は勝つ」ターンタラランタンタン しーんぱーいないからねー」見たいな感じで参加して来て下さっても結構です。そんな憩いのひと時でも与えていただかないことには、祐介さんも我々も身が持ちそうにありません。
 柳瀬の死刑執行を停止させようと必死になる祐介さん、それってさ無実の罪で人が死刑になってはいけないと言う弁護士としての義務感からだけではないことに早く気づいて下さい。認めたくはないだろうけど、柳瀬への愛だよね。それを祐介さんが認めた時、柳瀬の気持ちも変わるのではないかな、と言う気がしています。今回ずっと苦悶の表情の祐介さん、早く笑顔が見たいなあ。次回最終回、瀬野樹君との接見シーンは、入れていただけたでしょうか?そんな楽しそうな(接見シーンだから決して楽しいシーンではない)映像でも挟んで貰わないとこちらも精神が持ちそうもありません。それにしても、れいちゃん、あんたいつからそんな女になっちまったんだよ、れいちゃーん。アーア アアアア アーアー アアーアアアア アーじゅーん、ほたー、今でも吉岡君見ると心の中で「じゅーん」て呼びかけます。完全に親戚の子扱いです。れいちゃん、じゅんと結婚しとけばなぁ、こんなことにはなぁ、しゅうちゃんは、剛君と結婚しちゃったしなぁ。完全にドラマごっちゃになってます。でもさ、あかねさんもさ、結局は礼奈さんのためだったんだよね。あかねさんがあの血まみれの衣類と凶器をいつの時点で発見したのかは、わからないけど河村が何かだいそれたことをしてしまったのはわかってた、そして柳瀬が殺人犯として捕まり光男は、行方不明。だとしたらあかねは、礼奈(この時点で妊娠してたのかな?)を守るしかないと思ったんだよね。殺人犯の子にしたくなかったんだよね。甲府から逃げたのだって河村に2人を殺すとか脅されたのかもしれないし、ここにも別の「親子の旅路」があったんだよね、きっと。柳瀬に対して物凄く酷い女ではあるけれど、親としては、愛情深い人なのかもしれないね。光男の母親でもあるんだもんね。このドラマ終わったら間違いなくロスるよね、今、みんなそのことに怯えてるよね。「記憶のカケラ」のCD発売のお知らせと、この次は、「滝翼の旅路」(コンサート)をお送りします。っていうお知らせを深海から上がったフグのように期待を膨らませて待ってるよ。