春休み自由研究  立ち位置 前編

 今回は、Sexy Zoneのそれぞれのグループ内での立ち位置についての研究です。

 Sexy Zoneと言うグループは、センターが佐藤勝利君でエースが中島健人君と言う風に役割が分かれています。そこが他のグループと少し違います。とは言っても他のグループあまり知らないですが。キンキ兄さん達や滝翼だとセンターとかないし。

 おジャンプしか分からないのに他のグループとか知ったかぶりして言ってすいませんでした。おジャンプの体制と違います。はい。

 でもって中島健人君のシンメは、菊池風磨君です。佐藤勝利君ではないのです。あんなにイチャイチャベタベタしているのにシンメではないのです。勝利君はあくまでもセンターですが、現在、松島聡君がお休み中なので、色々と変則的ではあります。

そして、この中島健人菊池風磨君のシンメは、Sexy Zone1イヤジャニーズに数多あるグループの中でも1.2を争う最強シンメと呼ばれています。

ですが、この最強シンメには、滝翼氷河期に匹敵する不仲時代がありました。

 おお、大体の最強シンメと呼ばれるシンメには、氷河期が存在するのが定説なのか?(知らんけども)山Pと亀梨君だって一時期は仲が悪かったそうじゃないか。

お前がいたから今がある 出会いと別れ何度も超えたって肩並べて走って来たのか?エモい、エモし!エモいし!エモシンメだし!エモシンメー!エモシンメって何ですかー⁈知りませーん‼︎

 最近、ちょっとの刺激でも叫ぶようになりました。加齢によるものでしょうか?

私の加齢の話しなどどうでも良い、最強シンメの氷河期の話しですよ。

 その氷河期をエモく雪解けさせたのが、なんと山Pパイセンなのです。やはり、地球はいつでも回っていると、因果はいつでも廻っていると感じざるを得ません。

Sexy Zoneなだけに、Sexy Zoneなだけになぁ。

 口もきかない目も合わせない不仲期を鬱鬱と過ごしていた菊池君を中島君のソロコンにサプライズで連れて行き、ラブホリ王子にハニー達の存在も忘れさせる程動揺させてヨリを戻させたという、ふまけんファンが山Pパイセンに足を向けて寝られねえ、お中元何処に送ればいいですか?案件、これが世に言う『8.25事件』である。

 『ふまけん』と呼ばれ今やジャニーズ内でも1.2を争う人気シンメとなった2人の雪解けを山P大変感慨深いです。

 滝沢さんだったら間違いなく『滝沢キッス』案件でした。

 滝沢さん、息子さんイヤイヤ期を経て後輩の氷河期を溶かすような立派な大人になりましたよ。私、思わず息子さんの成長を滝パパにご報告申し上げたくなりました。

しかし、全くの余計なお世話だったことは否めません。

 ではケンティにとって勝利君は、なんなのか?

 突然話題を変える気まぐれな一面が、思わず出てしまって申し訳ない。シェフの気まぐれサラダ的な物だと思っていただいて構わない。シェフの気まぐれサラダ的な物ってなんだ?と突っ込まれたらしどろもどろになるしか無い私だけれども。

そんななす術なしな私の事は置いといて、勝利君は、センターであると同時にどうやらケンティの『彼女』もしくは『嫁』的立ち位置にいるようなのです。

ラブホリパイセン、隙あらば勝利君に壁ドンしたり、ハグしたりイチャイチャしようとしてきます。

 しかし、そんな行為がラブホリパイセンの一方的な求愛行動なのかと言うと決してそうとばかりは言えません。

勝利君は幼い頃(とは言っても中学生)には遠征先で恐くて1人で寝られずケンティパイセンのお部屋を訪れては一緒に寝て貰っていたそうです。

 これは仕方が無い、ケンティパイセンが彼女、もしくは嫁と認識しても誰も責められない(誰も責めて無いし)しかし、ケンティパイセンが、たまーに『今日は、イヤ』と拒否するとすかさず菊池君の所へ行ったそうです。小悪魔めっ!小悪魔勝利め!ケンティパイセン、その後、死ぬほど後悔したと思うぜ!

 ケンティパイセンの気持ちを勝手におもんぱかった所で、後編に続く


佐藤勝利君が奇跡的に自撮りがヘタで『佐藤勝利を不細工(私からしたら決して不細工では無いですよ、比較の問題です)に撮ることができるのは、佐藤勝利だけ』と言う事はぜひとも心に留めておきたい案件です。


📀自粛生活を思う存分謳歌しております我が娘。

 兄の冷たい視線を物ともせず1人おジャンプコンサート開催。

 しかし、家の真ん前で工事中。

 嫌な予感がします、むしろ、嫌な予感しかしねえなあ。

 『キャー、ウェーイ、ギャー山、山、ギャー』

娘の声、父親に似たのか割とデカいデス。

案の定イヤな予感と言うのは当たるもので、工事のおじさん、ガラス越しに家の様子伺いに来たそうです。

 おじさんありがとう、娘がとんだご心配をお掛けしました。娘は、大丈夫です。楽しく自粛中です。

 そんな娘、だいたい私と好きな顔の好みが一致しています。山田君はもう殿堂入りなのですが、その他にもジャニーズのイケメンに次々とハマって行きます。この間、Mステの佐藤勝利君が言う『セクシーローズ』の変遷を見て『可愛いーあー可愛いー』と叫んでおりました。血は争えない。あんなに完璧なイケメン顔が好きなのに、完璧なイケメン顔なんてそこら辺には居ません。同級生にはときめかない模様。申し訳ない気持ちでいっぱいです。