セクゾ君に歌って欲しい滝翼曲 コンビ編2

松島聡君、お誕生日おめでとう🎁

太陽の聡ちゃん、この時期に戻って来てくれてありがとう🌞

 暗くなりがちだった今年、あなたの復帰は世の中に希望の光を届けてくれました。

 太陽の力って、やっぱり偉大。

 Sexy サンキュー🌹


それでは、前回の続き参ります。


おじゅん(今までそんな呼び方した事ない)は、勝利君が好きなの?そうなの?

 デビューの時のMステから目を付けてたの?99.9でもご一緒してたものね。

 じゅーーーん!まつーもとーじゅーん‼︎(クイズ松本潤好き)クイズ 松本潤の初回にも勝利君と聡ちゃんで出てたよね(この前、HDDvs嵐を全てうっかり消してしまいメンタルやられた。たきざーさんの出演回だけはDVDにしてた筈なのだが見つからないと言う。1度地獄に行ったよね。と言う日々を経てやっと地獄の底から舞い戻って来たぜ!)

 おじゅん、勝利君の事可愛いがってあげてね。おじゅん迄行ったらもう滝沢副社長は目の前じゃね?もう辿り着いてる?

 勝利君て全ての先輩に可愛いがられてる様な気がする。出る番組全ての先輩、勝利君には甘々で優しい。

 可愛いもんな、仕方ない、うん、これは抗えない、抗うべきではない。

 全てのパイセン方、美しいものを愛る事は決して恥ずかしい事では無いですよ、素直に美しい勝利君を可愛いがってあげて下さい。滝沢副社長様も例外ではありませんよ。

 では、コンビ編続き行きます。



しょりマリ

HIMEGOTO』タッキー&


 マリウス君は、美しいものが大好き。とくれば当然美しい勝利君が大好きと思いきや携帯に勝利君を金太郎と登録していると言う衝撃‼︎

 勝利君がマリウス君の事を弟のように心配して面倒をみているのに、『勝利は、お兄ちゃんぶりたいだけ』と言い放つ衝撃‼︎

 全てのジャニーさん(全てのジャニーさんて何?)ラインであり、全ての先輩を虜にし、全ての後輩から憧れられる(多分)美貌を持つ、あの国宝をぞんざいに扱う唯一の男、それがドイツのとんでもない金持ちの御曹司マリウス葉。(マリウス君は勝利君のことも大好きです。念のため。ただ扱いが雑なだけです)

 この2人に合う滝翼の歌が正直思いつかなかった。 

しかし、やって欲しい映画の役はあった。

 清水玲子さんのマンガ『秘密』である。

何年か前に生田斗真君が薪室長を青木を岡田将生君がやったと思うが、正直この配役に納得が行かなかった。(内容もちょっと不満だった) 

 是非とも薪室長を勝利君、青木をマリウス君でやって頂きたい。

 で、『秘密』からの連想で『HIMEGOTO』が浮かんだのだが、これが中々良いのでは無いかと思う。

 『SODA』の5月号の表紙(多分)の2人の写真を思い出すか、何とかして見て欲しい。

 美しいのである。えっこの人達実在してるの?二次元の間違いじゃないの?って位完璧な美なのである。

 そんな美しい2人が歌う『HIMEGOTO

 耽美である。耽美だし、隠微だ。耽美だし、隠微だし、甘美だ。耽美だし、隠微だし、甘美だし、もういいだろ!

 これを実現させる為だったら土下座してもいいとまで思っている。

『秘密』と『HEMEGOTO』しょりマリで是非お願いします。

 


ふまけん

Vertigo』タッキー&


私の中で、なんでこの曲シングルカットしなかった‼︎と言うのが最も悔やまれてならない曲。

 ふまけんで歌って私の中の怨念を成仏させて欲しいと切に願う。

 ふまけん、ジャニーズの中でも1.2を争う人気のシンメ。

 そして、氷河期経験シンメ。

 後にとんでもない強い絆で結ばれる事になるシンメは大体氷河期経験してる、言わば『骨とシンメは折れるほど強くなる説(例 滝翼)』を唱えている私です。

 5人に戻り、今セクゾ君達の『やってやるぜ!オレ達テッペン取ったるで!』感が最高潮に達しているのもこのシンメの信頼関係が最高潮に達しているからではないだろうか。

 正に金剛力士像な2人なのです。

 ただし、この金剛力士、阿吽の呼吸ならぬ『sexyの呼吸』を使います。

 『sexyの呼吸』・・・なんか、吐息かなんかが漏れるちょっとえっちな大人な感じがします。

 そんなえっちな大人な呼吸で、えっちな大人な『Vertigo』を歌って欲しい。

 まあ、とにかく切ないです。

 人妻(今井さん)と年下の青年(タッキー)の禁断の恋(イメージ)。

 DVDを最初に観た時、今井さんのあまりにも切なげな表情にエロスすら感じました。滝沢さんもまたしかりです。エロスな上に可愛いらしさも出して来ました。どうしてくれよう、いやさ、どうして欲しいの?と問いかけずにはいられない。

 翼君パートを風磨君、滝沢さんパートをケンティで行って下さい。

 きっとsexyの呼吸を感じられる歌になる事と思います。

 


けんそう

『仮面』タッキー&


セクゾの中でもダンスが得意なお2人。

滝翼って同じ振り付けでも全く違って見えるんだけど、私は、どっちの方がいいとかじゃ無くて、みんな違って皆んな良いbyみすゞ方式採用だから、この2人に歌って踊って貰いたいなぁと思います。

 ケンティパイセンと聡ちゃんの踊りも同じ振り付けでも全く違って見える事があって、それはもうどっちも正解なんだろうな、と思う。

 聡ちゃんは、ジャニオタでジャニーズに入りたくて自ら応募しての入所だったけど、驚く程の猛スピードでデビューした。

 これは歴代2位の記録らしい。

聡ちゃん、勝利君、マリウス君の3人は、入所1年以内でデビューが決定したのでjr.経験がとても浅い。

 そんな右も左も分からない状態の子を3人も任された長男ケンティと次男風磨君。

いきなりデビューをさせられた方も経験の浅いちびっ子達を任された方もどちらも本当に大変だっただろうなと思う。

 大人達に振り回されて、もう、紆余曲折あり過ぎた。

 その5人が9年の時を経て本当の意味で自分達の足でしっかり立つ立派なグループに変化した。

 さあ、10年目、ここからだ!と言う気概を物凄く感じる。

 聡ちゃんは、おやすみしていた間ダンスレッスンを続けていた。

復帰の時の何かのインタビューでケンティパイセンが『聡ちゃんが前髪を分けたら凄い精悍な顔だった』『踊りが凄く上手くなっていた』と言っていた。

 右も左も分からなかったあの子が、自ら変化し進化して戻って来た。

 どんな選択をすることも出来たのにセクゾに戻る為に努力を続けていてくれた、と言う事実が長男坊には物凄く嬉しかったんだろうなと思う。

 ケンティもまた、グループの為に様々な努力を重ねて強く大きく変化し新しい世界へと活躍の場を広げて行った。

仮面の歌詞の様に変化(へんげ)する2人。

 そんなお二人で、『仮面』をエモエモに歌って踊って、セクゾって変幻自在って所を世間に見せつけてやって欲しいな、と思った次第です。


 続く